排卵と生理について、詳しい仕組は?

生理の周期には個人差があり、一般的には25日~30日周期程度となります。

卵胞期(約14日間)と黄体期(約14日間)に分かれているのですが、卵胞期が終わり排卵日を迎え排卵が終わると黄体期に入る仕組みとなています。

約1ヵ月に1度、卵巣から排管へ卵子が放出されることを排卵と呼びます。

個人差もりますから、生理周期にも人それぞれなのですが、排卵が起こってからおよそ14日後に生理が始まります。

卵胞の中から数個の卵子が選ばれ、卵巣の中で排卵に向かって育ちます。

着床へ向かっての準備も始まっていますし、受精が順調に行われるために、子宮内膜は十分な厚さになっていきます。

準備が整うと、脳からの指令で卵巣から卵子が飛び出し卵管に行き、受精を待つ状態となります。

卵子がいなくなったのち、卵胞は黄体に変わり黄体ホルモンが分泌されるようになります。

受精して着床するために、子宮内膜をフカフカにするように働きかけてくれるんです。このフカフカの状態だと、着床が継続しやすくなります。

卵子と精子が出会うことに失敗し着床しなかった場合、必要がなくなった子宮内膜が剥がれ落ち、血液と一緒に排出されてしまいます。

この症状が、いわゆる生理の現象です。

卵胞期とは・・・卵巣にある卵が成熟する時期。子宮内膜を厚くし、妊娠の準備を始めます。月経開始からおよそ14日後が標準となります。

黄体期とは・・・高温期となる排卵から生理までの期間。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yamakotori/hairankensahikaku.info/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yamakotori/hairankensahikaku.info/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/yamakotori/hairankensahikaku.info/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す